なで肩コーディネート

【大丈夫?】bluetoothイヤホン(Airpods)の付け方がダサい問題の原因と対策まとめ!やってはいけないやり方等

bluetoothイヤホンがダサくなってしまう原因と対策を有識者に聞きました。その手のファッションセンスがいまいちな人は参考にしてください。

では参ります。

なで肩ブロガー
たkる(この記事を書いた人)
nadegata
なで肩すぎてなで肩サイト作りました。本サイトではなで肩おすすめグッズとか、弱点を個性に変える方法とか考え方を発信していきます。アイコンをクリックすると管理人の詳細プロフィールに飛びます。

bluetoothイヤホンの付け方がダサいと思われる原因は?

まずはbluetoothイヤホンがダサい原因を見ていきましょう。

逆さにつけたり左と右手反対につけている方はやはり使い方を知っていないのにそれが自分では正しいと思っている雰囲気を出していてダサいなと思います。

あさくつけていたり、向きを逆につけている人がいてダサく感じる。しかも大学生がやっているカッコつけってかんじがする

AirPodsの先端が頬から離れすぎている前から見た時から見た目がとても悪くなる。

・・正しい付け方とは違う感じになっているとダサいという意見が出ています。

bluetoothイヤホンがダサい問題を解決するコツ

続いてはbluetoothイヤホンがダサい問題を解決するためのコツを解説します。

・ケースから出してそのまま左右交差することなくつければよい
・R、Lと書いているのでそれを確認すること
・フィットする場所があるのでさがす。説明書通りにつける
・イヤホンの先端を自分の頬にくっつけるようにつける。
・イヤホンの先端を少しだけ前にずらす

こんなところです。それぞれ詳しく見ていきます。

ケースの通りにつける

基本ケースを開いたらイヤホンが入っていますがそれをそのまままっすぐ耳に持ってくるだけです。わざわざ反対側につけたりすることはないです。

LRを確認する

ケースから出してしまった場合でもイヤホン本体を見れば確認可能です。

必ずRかLは書かれているはずなので、それを見てからつければ間違えることはありません。

フィット部分を探す

左右があっていてもなんかダサい・・。そうならないためにはピッタリフィットさせる必要があります。

必ず落ちないフィットする部分があるはずなのでそれをさがすと変に痛くなったらしないです

コツとしては、なるべくイヤホンの先端を頬の方にすること。前から見たときに不自然さがなくなり見た目がよくなります。(イヤホンの先端を25~30度ほど前にずらすと、前から見たときに馴染んで自然に見える)

説明書を読み、変わったことをしない

わからないことは説明書を確認しましょう。

説明書をしっかりよんでから使用することです。変に片耳とか逆にしたりすると恥ずかしいです。

とのこと。

bluetoothイヤホンの使いどころや組み合わせのおすすめ

最後に使いどころについてです。

こんな感じの使い方がおすすめ。

電車内や待ち合わせなどで暇している時がいいと思います。
友達との待ち合わせや、それまでの時に使用したり勉強する時におすすめ
会社までの通勤の道のりで、地下鉄やバスに乗っている時。

コードが絡まないので街中でも使いやすいのが特徴です。

また、ファッションの組み合わせとしては、

ストリート系のファンションにBluetoothイヤホンの組み合わせはやはりかっこいいですね。

スポーツ系なシンプルなファッションに合います。アクセサリーの代わりにも。

白や黒のモノクロカラーでまとめたシンプルなファッションに合うと思う。

などがおすすめ。

ぜひ試してみてください。

おわり。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,556 (2022/08/15 22:37:21時点 Amazon調べ-詳細)